『ドローンtoハウジング ~建築と森林のデジタル融合~』

 国産材サプライチェーンが抱える需給情報の分断という課題。この課題に対して、建築と森林の両サイドから技術開発を行い、一気通貫な情報共有を目指す共同研究です。デジタル技術により需要と供給を結び付けることで、森林を資源倉庫とした受注生産を実現し、森林資源を高付加価値化していきます。

 この取り組みがウッドデザイン賞2022を受賞しました。

2022.10.06

あらゆる森林情報をデジタル化し、森と人をつなぐ。

ドローン計測やAIを取り入れたスマート林業の技術で社会に貢献。

森林施業や管理はもちろん防災やCO2吸収、レジャー利用まで様々なニーズに

森林情報でお応えします。

様々なプラットフォームの中から

最適なソリューションをご提案いたします。


大学と連携した独自技術で

森林や立木の情報を提供いたします。

Recommend                                              

当社オリジナルの解析技術により

単木区分と樹種分類を行いました。

信州大学森林計測・計画学研究室による

スマート林業の紹介ビデオです。

求人情報


精密林業計測株式会社では、ともに働く仲間を募集しています。

詳しくはこちら